読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三桃シ倒語の日記

お前の枠にはまってたまるか

『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』

堀江貴文さんの『ゼロ』を読んだ。

Twitterの140字以内で言いたいことは言えた気がするけど、特に琴線に触れた部分を引用してみる。

 

もし、成果に向かって全力疾走することを「努力」と呼ぶのなら、努力するなんて当たり前のことだ。

 

私は高校時代、ミニバス経験もないまっさらな初心者としてバスケ部に入部した。部員は経験者ばかりで、彼女達の世界に技術的に溶け込めなくて(初心者なのだから仕方がなかったけれど)思い悩んだ。

どうすれば上手くなるのか。

どうすればシュートが入るのか。

 

答えは簡単だった。休憩時間を惜しんで、何度も練習することだ。

 

「三桃シ倒語は努力の人だね」

先輩が引退する時に、私に送った手紙にこう書いてあった。

私はあの時、下手の横好きなりにただがむしゃらに練習していただけで、「努力」の二文字は頭になかったので、先輩のその一言に少し驚いた。

 

引退までレギュラーに入ることはなかったけど、堀江さんの言葉を拝借するなら、バスケ部で「成果に向かって全力疾走すること」ができたことが私の中で大きな財産になった。

 

そんな昔話、である。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく