読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三桃シ倒語の日記

お前の枠にはまってたまるか

フラウ・ボゥは幸せになれないのか

後輩となる新人さんが入った。

ひとりは1日で辞めた。

もうひとりは辞めることを仄めかしつつも続けている。


辞めた人にとやかく言うつもりはない。

適性だってあるだろう。無理に仕事を続けても気分は良くないだろう。


しかし、新人さんが定着しないと仕事が回らなくなる。

辞めた一人は「ついていけそうにない」と一言残して去っていった。

このまま「ついていけない」人が入っては辞め、入っては辞め、の繰り返しになるのではないのかと、少々不安になる。


そして私自身も、この身分では長く続けられないことになっている。


長くいてもらいたいのが現場の本音らしいが、所詮は使い捨ての労働者だ。


生きる意味はここには置いていないと思う。