読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三桃シ倒語の日記

お前の枠にはまってたまるか

使い捨て労働者の茶番劇

今の会社に入社した頃、よく

「三桃シ倒語さんは皆を引っ張っていくリーダーになるのだからしっかり仕事を覚えてほしい」

と言われた。

入社して2ヶ月となった今、よく

「三桃シ倒語さんが頼りなんです」

と言われる。

しかし、近日私は契約期間の終了というかたちでこの職場を去ることになっている。

リーダーだの何だの言われて育てられて、頼りにされた人間が3ヶ月で去っていく。

とんだ茶番劇である。

この雇用形態を選んだのは紛れもなく私自身の責任である。しかし、そんな人間を雇った責任は私自身にはない。あるわけがない。

職場も有期雇用であることは承知していたはずだが、それにも関わらず「せっかく育て上げたのに」と言わんばかりの言葉が襲ってくる。

矛盾。

正規、非正規に関係なく雇用形態を変えて会社に引き込む、という柔軟なこともできず、育て上げた人間を手放すことしかできないでいる。
本当にリーダーとして長く働いてもらいたいなら、何故その人材を派遣から選ぶのだ?

全くもって理解不能である。
「君は使い捨てだからね」と率直に言われたほうがまだわかる。

馬鹿馬鹿しい。